初期投資を抑えて|投資用ワンルームマンションで思い通りの人生に
女性

投資用ワンルームマンションで思い通りの人生に

初期投資を抑えて

模型

購入費用

不動産投資でも比較的投資しやすいワンルームマンションのマンション投資がありますが、特に初心者にはお勧めです。理由は、かなり初期費用を抑えてマンション投資を始めることができるからです。しかし、マンション投資には投資する物件の購入金額以外にも様々な手数料が必要になります。見落としがちな部分ですので、事前に購入する物件価格以外にかかる費用についてもよく調べておきましょう。物件を購入するときにはまず、購入する物件の価格に応じてですが印紙代がかかります。また、所有者を変更し新しい所有者の名義にする必要がありますので、司法書士に依頼し登記手続きを行います。その手続きにかかる費用が30万から50万円ほどです。その他にも火災保険・地震保険などの保険代・不動産を取得したときにかかる税金・仲介物件なら仲介手数料・住宅ローンを使うならその事務手続きに費用がかかります。その諸々の費用の総額を合わせると、100万円から150万円になるので、マンション投資を始める前にこれだけの金額を事前に用意しておくといいでしょう。

初めてでも大丈夫な投資

投資を失敗したとしても、普段の生活に戻りやすいのがワンルームマンションのマンション投資の大きな特徴です。理由は、ワンルームマンションのマンション投資の場合は、一棟を購入するのではなくワンルームマンションの部屋を色々な地域に分散して購入することができるからです。多額の投資金を1つの物件に集中させるのではなく、ばらばらな地域にあるワンルームマンションに投資を行うのでリスクを分散させやすいからです。思わぬ天災が起こっても、他の地域に購入していたワンルームマンションが無事ならマンション投資をそのまま継続することができます。また、初期費用の負担が軽い特徴もあるので少し貯金のある人ならばチャレンジしやすい敷居の低さもあります。